再会の花

貴方の腕に僕が送った再会の花が…

肌寒い秋風に流されて遠い場所
こんなにも一人でいるとただ寂しくて

もうあの頃の様に笑えないの?いつまでも…
あなたにっはまだ言ってない ただ花を送っただけ

細い小道…消えた明り…貴方の臭いの風を探し
霧の中で黄昏照る僕はあの言葉を…

ずっと溢れ出す想いを貴方に逢えず言えなかった
どうしてこんなに愛しすぎるの? そばにいてほしい

虚ろな目をすると離れてゆく貴方は
どんな時もすぐに笑って戻って来たのに
なぜ今度だけは戻らないの 離れてゆく…
泣きたいならここで泣いてよ そろとも別の人が?

細い小道…消えた明り…貴方の臭いの風を探し
霧の中で黄昏照る僕はあの言葉を…

ずっと溢れ出す想いを貴方に逢えず言えなかった
どうしてこんなに愛しすぎるの? そばにいて

曇ったガラスに貴方が映て色鮮やかに僕を染めてゆく
貴方と二人の微かに残った記憶を一人で今流して…

もう耐えられない想い今すぐ貴方へ

貴方の腕に僕が送った再会の花が…

貴方を思うと涙が溢れて…

「幸せの花を貴方に送る、いつかは貴方が僕に届けて」

貴方の腕に僕からの花が…


main | songs | articles | profile | links