Sad Mask

僕には顔がない
誰かに盗まれた
毎晩こうして
化粧で誤魔化す

窓辺で溜め息
名前すら知らないあの人に

恋をしているんだ
醜い僕と違って
彼女は素晴らしい
なんて綺麗なんだろう

あの人と目が会った
その日から僕はもう
どうかしているんだ
いい子じゃいられない

「いつも私を窓から
見つめているのはあなたね
私が欲しいの?
…愛されたいの?

誰も部屋にいれちゃだめと
ママに言われているのに
鍵も開けず 音も立てず
彼女は此処に来た

貴女は素晴らしい
なんて綺麗なんだろう
僕を見て逃げ出さない人は初めてだ!

目を開け見る夢
甘い香りに酔いしれてゆく僕に
仮面を差し出す貴女は
そうさ ママよりも優しいんだ

二人だけの秘密と
肌に触れ 微笑んだ
ひび割れた仮面は
もう食い込んで剥がれない

痛いよ痛いよ
でもこれは貴女が
選んでくれた顔だから
死んでも剥すもんか

「坊や、顔が無いのはあなただけはないわ。」


main | songs | articles | profile | links