Destinee

曇った朝の静かな溜息・・・
無言の空に吹きかけ

人は寂しささえ押さえてただ言葉だけ
もう笑えないよこんなに苦しめたのに

どしゃぶりの雨の中ずっと待ってる
ふと見上げて貴方が居たなら

必ず来ると思った貴方が来ないなら

もう分かったよこのまま来ないならば
今までの言葉を全て忘れてあげるよ

「もう逢えない」だなんて・・・まさか本気だったの?
いつもの強がりじゃなくて確かに聞こえた
まだ降り続く雨はまるでヒロインのように描かれ
絵を溶かしていく無意味な感情

Ah・・・運命なんて僕は信じたくない

どしゃぶりの雨の中ずっと待ってる
太陽を探して

貴方との思い出が今にもこぼれて
下を見ても水溜りに記憶の波紋が

全てに縛られたままで貴方も夢もくずれてく
こんなに苦しいのはナゼ?貴方に逢いたい

貴方の声が聞きたくて
貴方の指に触れたくて
貴方の声が聞きたかった
貴方に逢いたい

こんなに想いは募るのに
「もう逢えない」と・・・「もう逢えないと」・・・

運命なんて・・・


main | songs | articles | profile | links