Deja Vu

何処までも逃げ回ろうとしている コンクリートの透き間を
何所かに見た時間の中 逃げきれはしない
人間に怯え憎しみを重ねた 小さな星の上で
Negativeが笑う「人々はもう手の中に居る」

鏡にうつる自分さえ笑う コンクリートの透き間で
何所かに見た二人の時 愛情も執着
人と人が淋しさを嫌い 小さな星で嘘を
Negativeが笑う「人々はもう手の中に居る」

あなたさえ、あなたまで、わからなくなるほど、心を忘れ、
心を亡くした

未来、過去、今 人々のドラマシナリオはいつも Deja Vu
傷つく事を 出来ないあなたが 繰り返す


main | songs | articles | profile | links |